Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その3】 ~新レスポンシブ対応~

masahide

フィンランドへの移住を目指し、場所に縛られない働き方を模索中していたところ、NoCodeCampに出会い、朝活イベント毎日開催しています。 2022年3月よりコミュニティマネージャーとしてイベント運営にも携わっています。

スポンサーリンク

こんにちは!

WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。

2021年10月よりフリーランスになりました!

主な仕事内容

  • WEB制作(サーバー契約からデザイン、WordPressでの公開〜保守まで担当可能)
  • ノーコードツールを使ったWEBアプリ開発

そしてそして、2021年3月より日本最大のノーコードコミュニティ【NoCodeCamp】のコミュニティマネージャーとなりました。

イベントの企画・運営を行っており、「朝からBubbleでじょん」という朝活イベントを毎朝5:00~6:00開催しております。

masahide(筆者)
盆正月関係なく365日開催していく予定です!

NoCodeCamp詳細は以下のリンクより確認することができます。

NoCodeCamp公式HP

それではさっそくLINE風アプリ「LOIN」を作っていきましょう。

前提条件

  • Bubbleに登録している(FreeプランでOK)
  • Bubbleの触り方がなんとなくわかる
  • ログイン機能や投稿機能を作ったことがある

これからBubbleを始める場合はわかりにくい部分が多々出てくると思うので、下記のサイトからハンズオンで学習することをオススメします。

masahide(筆者)
最初はここで勉強していました

参考

ノーコードラボさん:テキストベースで細かく解説、レベル別の教材多数あり

ノーコードでウェブアプリが作れる!Bubble(バブル)の使い方

ノーコードスクールさん:動画で学習したい方向け

Bubbleの使い方 - Part 1 - Bubbleの概要と各ページの説明

ユーザー一覧ページの作成

今回はこのようなユーザー一覧ページを作成していきます。

この章で学べること

  • 新レスポンシブ基礎
  • RepeatingGroupの使い方
  • Privacy設定による表示切替

アプリ作成時に作られるindex pageを編集していきます。

※もし旧Responsiveであれば新Responsiveに変更しておいてください。

参考

  • 新Responcive = 青色リロードマーク無し
  • 新Responcive = 青色リロードマーク有り

indexページの編集

  • Container layout = Column
  • Width for UI builder = 400
  • Min height = 800

Group bodyの作成

Appearance

  • Style = 未選択
  • Background style = None
  • Border style = Solid
  • Roundness = 20
  • Width = 5
  • Color = #6B6B6B

Layout

  • Container layout = Column
  • Horizontal alignment = center
  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Max width = 400px
  • Min height = 0px
    ※Min height 800pxに変更

ヘッダーの作成

Group headerの作成

  • Container layout = Row
    子要素を横並びにしたいので、Rowを選択
  • Container alignment = space between
    ※子要素を左右端寄せ、space aroundは中央寄せ
  • Min height = 50px
    Elementの存在がわかりにくくなるので50pxにしておき、子要素設定後にMin height = 0pxに変更します。

Text 友達を選択を作成

Appearance

  • Font = Noto Sans Jp(regular)
  • font-size = 18px
  • font-weight = bold

Layout

  • Vertical arignment = centered
  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック
  • Min height = 0px

Text 作成を作成

上記で作成したText 友達を選択をコピーします。

Appearance

  • font-size = 16px
  • font-color = #999999

しかし、このままでは左右の端によりすぎているので、新たにグループで囲って余白を設定します。

Group header-titleを作成

Text 友達を選択とText 作成をShiftを押しながらクリックし、Group elements in a Row containerを選択

  • Container alignment = Space between
  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック外す
  • Min height = 0px

このGroupの親要素にPaddingを設定します。

※Marginsは要素と要素の距離、Paddingは要素内の距離

Padding

  • Top: 8px
  • Bottom: 8px
  • Left: 16px
  • Right: 16px

検索フォームの作成

iconを作成

Appearance

  • Icon = Choose an icon (search)
  • Style = 未選択
  • Icon color = #999999

Layout

  • Vertical alignment = centered
  • Width = 20px
  • Height = 20px

SearchBoxを作成

Input formsからSearch Boxを選択

Appearance

  • Placeholder = 名前で検索
  • font-family = noto sans jp(regular)
  • font-size = 14px
  • Backgroud style = none
  • Border style - all borders = None

Layout

  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Height = 30px

Conditional

  • The SearchBox is focusedに関連するConditionalをremove condition
    グループ全体をinput formっぽくしたいので、フォーカスが当たっても変化しないようにします。

これで検索アイコンと検索フォームが作成できました。

先ほどと同じように2つのElementを選択し、Group化します。

作成したGroupをGroup searchに名称変更

Appearance

  • Background style = Flat color
  • Color = #E8E8E8
  • Roundness = 5

Layout

  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック
  • Min height = 0px

    これで検索バーの左端にアイコンがあるように見せることができました。

    Placeholderの余白調整も必要ないので、InputFormにも使うことができます。

    ユーザー一覧表示の作成

    Repeating Group を作成

    ContainersからRepeating GroupをGroup body内に配置

    ※中身の要素を繰り返し表示するContainerになります。

    Appearance

    • Type of content = User
    • Date source = Search for Users:minus item Current User
    • Set fixed number of rows = チェック外す
    • Min height of row = 70px
      1枠当たりの高さ調整
    • Separato = None

    Layout

    • Cell's containere layout = Column
    • Make this element fixed-width = チェック外す
    • Min width = 0px
    • Fit width to content = チェック
    • Min height = 700px

    ユーザーアイコンと名前を表示するElementを配置するためのGroupを作成します。

    Group Usershowを作成

    Appearance

    • Type of content = User
    • Date source = Current cell's User

    Layout

    • Cell's containere layout = Row
    • Apply gap spacing between elements = チェック
    • Column gap(px) = 8px
    • Make this element fixed-width = チェック外す
    • Min width = 0px
    • Fit width to content = チェック
    • Min height = 0px
    • Padding = top: 8px, Bottom: 8px, Left: 8px, Right: 32px
      PaddingRightのみ数値が大きいのは、ブラウザによってRepeatingGroupの右側にスクロールバーが表示されてしまい、レイアウト崩れにつながるためです。

    Group UserIconとtext UsernameをGroup Usershow内に作成

    UserIconはImageで表示したくなりますが、Group elementsで作成した方が扱いやすいので、Groupの背景をImageに変更し作成します。

    Appearance

    • Type of content = User
    • Date source = Parent group's User
    • Background style = Image
    • Dynamic image = Parent group's User's user_icon
    • Roundness = 20

    Layout

    • Cell's containere layout = Row
    • Width = 40px
    • Height = 40px

     

    Appearance

    • Parent group's User's nickname

    Layout

    • Vertical alignmnt = Centered
    • Make this element fixed-width = チェック外す
    • Min width = 0px
    • Fit width to content = チェック
    • Min height = 0px

    Userを2人ほど追加して、前回作成したラスカールさんでログインして確認してみましょう。

    Data -> App data -> All Users -> ラスカールさんでRun asをクリック

    masahide(筆者)
    おや!?表示されませんね・・・。

    これはユーザーのプライバシー設定が初期値のため、検索や表示ができないようになっているからです。

    ここめちゃくちゃはまりやすいポイントなので、CurrentUser以外表示できない場合はPrivacyが引っかかっている可能性があります。

    Everyone else

    以下にチェックを入れます。

    • nickname
    • user_icon
    • Find this in searches

    これでラスカールさん以外の2人が見えるようになりました。

    まとめ

    以上でLOINのUser一覧ページの作成が完了です。

    マウスホバー時に背景色が変わるとわかりやすいと思うので、余裕のある方はチャレンジしてみてください。

    次回はトークルーム一覧ページを作成していきます。

     

    Bubble LINE風アプリの作り方

    BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【おまけ】 ~新レスポンシブ対応~

    こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

    Bubble LINE風アプリの作り方

    BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その5】 ~新レスポンシブ対応~

    こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

    Bubble LINE風アプリの作り方

    BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その4】 ~新レスポンシブ対応~

    こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

    Bubble LINE風アプリの作り方

    BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その3】 ~新レスポンシブ対応~

    こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

    Bubble LINE風アプリの作り方

    BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その2】 ~新レスポンシブ対応~

    こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

    スポンサーリンク

    -Bubble, LINE風アプリの作り方

    © 2022 まさブログ Powered by AFFINGER5