Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その5】 ~新レスポンシブ対応~

masahide

フィンランドへの移住を目指し、場所に縛られない働き方を模索中していたところ、NoCodeCampに出会い、朝活イベント毎日開催しています。 2022年3月よりコミュニティマネージャーとしてイベント運営にも携わっています。

スポンサーリンク

こんにちは!

WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。

2021年10月よりフリーランスになりました!

主な仕事内容

  • WEB制作(サーバー契約からデザイン、WordPressでの公開〜保守まで担当可能)
  • ノーコードツールを使ったWEBアプリ開発

そしてそして、2021年3月より日本最大のノーコードコミュニティ【NoCodeCamp】のコミュニティマネージャーとなりました。

イベントの企画・運営を行っており、「朝からBubbleでじょん」という朝活イベントを毎朝5:00~6:00開催しております。

masahide(筆者)
盆正月関係なく365日開催していく予定です!

NoCodeCamp詳細は以下のリンクより確認することができます。

NoCodeCamp公式HP

それではさっそくLINE風アプリ「LOIN」を作っていきましょう。

前提条件

  • Bubbleに登録している(FreeプランでOK)
  • Bubbleの触り方がなんとなくわかる
  • ログイン機能や投稿機能を作ったことがある

チャット画面の作成

今回はLOINの目玉であるチャットページを作成します。

一応この章でLOINは完成になります。

この章で学べること

  • 作成者によって表示を変更する
  • メッセージ送信
  • 画像投稿機能

チャットルーム作成

Add a new page...からchatページを作成します。Clonefromはtalk_roomにします。

 

ページ全体のType of contentをRoomにしておきます。

 

ヘッダー部分の作成

Group headerの修正

  • text トークを削除し、fa-angle-leftアイコンを設置
  • Width,Height = 40px

前ページに戻る機能を作成

Icon fa fa-angle-left を選択し、Start/Edit workflowをクリック

NavigationのGo to pageよりDestinarionをtalk_roomに設定

Roomの話し相手の名前を表示

Group header-title内にtextを配置

Appearance

  • Current Page Room's Member:minus item Current User:first item's nickname
    ※このルーム内のカレントユーザーを除いて最初のユーザー名を表示
  • font = Noto sans jp(regular)
  • font-size = 16px

Layout

  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Fit width to content = チェック
  • Min width = 0px
  • Min height = 0px

 

アイコンの変更

  • fa-clone -> fa-search-plus
  • fa-commenting -> fa-phone
  • fa-ellipsis -> fa-bars

ヘッダーアイテムの配置を修正

fa-angle-leftアイコンとユーザーネーム用テキストをGroup化(Row)

Image from Gyazo

  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Fit width to content = チェック
  • Min width = 0px
  • Min height = 0px

Previewしたときに以下のようになっていればOKです。

配置がおかしい時は、Group header-titleのContainer alignmentがSpace betweenになっているか確認してください。

Group searchは必要ないので、削除しておきましょう。

チャット表示機能作成

RepeatingGroup chatを作成

  • Type of content = Message
  • Date source = Search for Messages
    Room = Current Page Room
    Sort by = Created Date
    Descending = no
  • Min height of row = 100px

Group RoomをGroup chatsに変更

Appearance

  • Type of content = Message
  • Background style = None

Layout

  • Container alignment = Centered
  • Apply gap spacing between elements = チェック外す
  • Padding = Top: 0px, Bottom: 0px, Left: 16px, Right: 16px

Group Room memberをGroup memberに変更

Appearance

  • Type of content = Message
  • Date source = Parent group's Message

Layout

  • This element is visible on page load = チェック外す
  • Collapse when hidden = チェック
    非表示の際に空白ができないようにする
  • Margins = Top: 8px, Bottom: 8px

Conditional

  • Parent group's Message's Creator is not Current User
  • This element is visible = チェック

Group UserIconの編集

  • Type of content = Message
  • Date source = Parent group's Message
  • Dynamic image = Parent group's Message's Creator's user_icon

Text Group UserIcon's Message...を削除

Group name&lastmessageをGroup messageに変更

Appearance

  • Type of content = Message

Layout

  • Container layout = Align to parent
  • Fir width to content = チェック

チャット用吹き出しTextの作成

Text Parent group's Messageを編集していきます。

Appearance

  • Parent group's Message's message
  • font-size = 16px
  • font-color = #000000
  • Background style = Flat color
  • Color = #FFFFFF
  • Defin each border independently = チェック
  • Top-right = 20
  • Bottom- right = 20
  • Bottom-left = 20
    右上、右下、左下の角が丸くなり、吹き出し感がでます。
  • Padding = V: 6, H: 16

Layout

  • This element is visible on page load = チェック外す
  • Collapse when hidden = チェック
    非表示の際に空白ができないようにする
  • Margins = Top: 8px, Bottom: 8px

Conditional

  • Parent group's Message's Creator is not Current User and Parent group's Message's message_image is empty
    メッセージの作成者がログインユーザーでない、且つ画像が投稿されていない場合
  • This element is visible = チェック

吹き出しがわかりにくいので、ページ全体の背景色を変更します。

Group bodyのbackground colorを#8CABD8に設定します。

Group message内にElement imageを配置

Text Parent group's Messageは削除しておきます。

Appearance

  • Dynamic image = Parent group's Message's messageImage
  • Roundness = 20

Layout

  • Parent container type = ↑
    ストラックアウトでいうと2番
  • Width = 150px
  • Height = 100px

Conditional

  • Parent group's Message's message_image is not empty and Parent group's Message's Creator is not Current User
    先ほど作成したテキストの逆の意味です。
  • This element is visible = チェック

投稿時間を表示するテキストをGroup member内に配置

Appearance

  • Parent group's Message's Creation Date:formatted as 10:43
  • font-size = 11px
  • font-color = #4F4F4F

Layout

  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック
  • Min height = 0px

これでトーク相手の吹き出し設定は完了です。

 

Group memberをコピーしてGroup CurrentUserを作成

Elements tree上でコピペを行うと便利です。
Image from Gyazo
Group CurrentUserの編集

Layout

  • Container alignment = Right-aligned

Conditional

  • Parent group's Message's Creator is Current User
    メッセージ作成者がログインしているユーザーの場合
  • This element is visible = チェック

Elementsの位置調整

現状:アイコン>メッセージ>作成時刻

変更:作成時刻>メッセージ>アイコン

PreviousやNextを使うと便利です。

Group CurrentUser内に既読用テキストの配置

Appearance

  • 表示文章無し(空白)
  • font-size = 11px
  • font-color = #4F4F4F

Layout

  • This element is visible on page load = チェック外す
  • Collapse when hidden = チェック
  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック
  • Min height = 0px

Conditional

  • Parent group's Message's Read is "yes"
  • text = 既読
  • This element is visible = チェック

MessageテーブルのReadがyesになった場合、既読というテキストが表示されるようになりました。

masahide(筆者)
データ何も入れていないので、まだ確認できませんが...

 

既読と作成日は縦並びにしたいので、Group化してRowに設定します。

チャット用の吹き出しを背景色:緑、文字色:白に変更します。

Appearance

  • font-color = #FFFFFF
  • Background color = #07B53B
  • Border style Top-left = 20
  • Border style Top-right = 0

Conditional

  • Parent group's Message's Creator is Current User and Parent group's Message's message_image is empty
    is not を isに変更すればOKです。

Image other修正

Conditionalを先ほどと同じでis not -> isに変更

表示設定は以上で完了となります。

Group Formの作成

Groop icons footerは削除します。

Group formの作成

Appearance

  • Background style = Flat color
  • Color = #FFFFFF
  • Border style-bottom Bottom-right = 20
  • Border style-left Bottom-left = 20

Layout

  • Container layout = Row
  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Min height = 40px

Group form内にアイコンを3つ配置

  • fa-plus
  • fa-camera
  • fa-image

共通Layout

  • Vertical alignment = Centered
  • Width = 30px
  • Height = 30px

作成した3つのアイコンをグループ化(Row)

  • Apply gap spacing between elements = チェック
  • Column gap = 8px
  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック
  • Min height = 0px
  • Margins = Left: 8px, Right: 8px

input formを設置

Appearance

  • Placeholder = 空白
  • Background style = None
  • Border style - all borders = None

Layout

  • Vertical alignment = Centered
  • Min width = 150px
  • Height = 30px

にこちゃんマークアイコンを設置

Appearance

  • Icon = fa- smile-o
  • Icon color = #7A7A7A

Layout

  • Width = 20px
  • Height = 20px

Inputformとにこちゃんアイコンをグループ化(Row)

Appearance

  • Background style = Flat color
  • Color = #F0F0F0
  • Roundness = 15

Layout

  • Vertical alignment = Centered
  • Min width = 0px
  • Min height = 0px
  • Padding = 8px

送信用アイコンを設置

Appearance

  • Icon = fa-send
  • Icon color = #1E33D4

Layout

  • Width = 25px
  • Height = 25px
  • Margins = Left: 8px, Right: 8px

全体的に左に寄っているので、Group formのContainer alignmentをSpace aroundに変更します。

Picture Uploaderを設置

アイコンクリックして画像が投稿できるようにimageアイコンに重ます。

Picture Uploaderを作成したら、Icon fa fa-imageとグループ化(Align-to-Parent)

  • Make this element fixed-width = チェック外す
  • Min width = 0px
  • Fit width to content = チェック
  • Min height = 0px

Picture Uploaderを透過させます

  • Placeholder = 空白
  • Background style = None
  • Border style - all borders = None

一度Previewで確認してみましょう。

レイアウト崩れが無ければ完成です。

長くなってしまいますが、このままメッセージ送信機能も付けてしまいましょう。

メッセージ送信機能

Step 1

Icon fa fa-sendのStart/Edit workflowよりData->Create a new thing...

MessageテーブルにInputformに入力したメッセージを登録します。

  • Type = Message
  • message = Input chatForm's value
  • Room = Current Page Room

Step 2

Data -> Make change to thing...

Step1で作成したメッセージをRoomテーブルに登録します。

  • Thing to change = Current Page Room
  • Change another field = Message add Result of step 1 (Create a new Mess...)

Step 3

Element Action -> Reset inputs

Inputformの内容をクリアします。

※Step3にはReset relevant inputsと表示されます。

Step 4

Element Action -> Set focus

Inputformに再度フォーカスが当たるようにします。

入力して確認してみましょう。

DataタブのApp dataより登録済みユーザーでログインして試してましょう。

以下のように入力内容が反映されていれば成功です。
Image from Gyazo

画像投稿機能

Picture Uploaderから画像を投稿できるようにします。

WorkFlowタブ -> Click here to add an event... -> Elements -> An input's value is changed

Step 1

Data -> Create a new thing...

  • Type = Message
  • messageImage = PictureUploader's value
  • Room = Current Page Room

Step 2

Data -> Make changes to thing...

  • Thing to change = Current Page Room
  • Change another field = Message add Result of step 1 (Create a new Mess...)

Step 3

Element Actions -> Reset inputs

これで画像送信機能は実装出来たので、試しに何か投稿してみましょう。

うまく画像表示できているので、基本のチャット機能は実装完了です。

まとめ

かなり長くなってしまいましたが、チャットページの作成完了です。

次回は応用編として、自動スクロールと既読機能を追加していきます。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

分からないところがあれば、お気軽にコメントください。

Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【おまけ】 ~新レスポンシブ対応~

こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その5】 ~新レスポンシブ対応~

こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その4】 ~新レスポンシブ対応~

こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その3】 ~新レスポンシブ対応~

こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

Bubble LINE風アプリの作り方

BubbleでLINE風チャットアプリ作成方法解説【その2】 ~新レスポンシブ対応~

こんにちは! WEB制作、Bubble開発で生計を立て、2023年までにフィンランド起業を目指している、まさひで(@john01tgmck)です。 2021年10月よりフリーランスになりました! 主な ...

スポンサーリンク

-Bubble, LINE風アプリの作り方

© 2022 まさブログ Powered by AFFINGER5